キャリアに合わせた
研修や教育サポートを活用し、
積極的にスキルアップを図る

生産プロセス・設備エンジニア
2018年 新卒入社

Y.Iさん

マニュファクチャリングセンター
生産プロセス技術部 砺波プロセス技術課

電気電子工学科卒業。2018年にTPSCoへ入社。
趣味は海外映画やドラマ鑑賞、音楽観賞。

  1. トップ
  2. 人を知る
  3. 社員紹介

現在のお仕事内容は?

砺波プロセス技術課で、半導体製造工程におけるドライエッチング工程の要素技術を担当しています。
試作品でのプロセス条件を検討するほか、量産品の課題が発生した場合の対策改善などにも取り組んでいます。
設備パラメーターの変動を捉えるにあたっては、統計的手法を用いた工程管理(SPC)の拡充にも努めています。
入社前は半導体の製造プロセスについての知識がなく、専門用語が飛び交う中での仕事を自分ができるようになることが想像できず不安でしたが、徐々に理解できるようになり面白さを感じられるようにもなりました。

この会社で技術者として
働く魅力は?

グローバルなファウンドリであるため、さまざまな製品の開発・製造を通して世界にコミットしている実感を得ることができます。
キャリアに合わせた研修や教育、サポート体制も充実し、積極的にスキルアップを図れるのも魅力ですね。
プロセス条件を決定するにあたってさまざまな実験を行うのですが、その過程で予測した結果が実った時はやりがいを感じられます。
自分の意見を相手に伝えることが苦手だった私ですが、業務を通して自らの頭で考え積極的に案を提示することができるようにもなり、自分の成長を日々実感できています。

実現したい仕事上の目標は?

まずは専門的なスキルをしっかりと身に付けながら、主体的に行動できるようになることが目標です。
いずれはその身に付けた知識や経験を生かし、人に指導できる人間にもなっていきたいですね。
ものづくりは品質管理がとても重要なのですが、現在さらなる理解を深めるために品質管理検定にチャレンジしているところです。
また要素技術での勉強会の講師を務めた際は、本や資料を読み込んで専門知識の理解を深めてきました。これからも成長に対する努力を怠ることなく、確実に目標を実現していきたいと思っています。

ある1日のスケジュール

  1. 出社

  2. スケジュール確認・
    メールチェック

  3. 要素横軸ミーティング

  4. 工程異常確認・異常処置対応

  5. 報告資料作成

  6. 昼食

  7. スケジュール確認・
    メールチェック

  8. クリーンルームでの実験

  9. 実験データ整理

  10. 実験計画作成

  11. 帰宅

キャリアパス

  1. 電気回路や電子回路、電力について学ぶ。授業の一環で、回路とプログラミングを組み合わせた人追従型ロボットを制作。

  2. ドライエッチング工程の要素技術を担当。初めて聞く専門用語に四苦八苦しつつも、何にでもチャレンジする精神で取り組む。

  3. 海外向け製品の増産に伴う設備能力拡大のため、メタルドライエッチの号機展開に注力。ドライエッチング装置のSPC管理導入を推進。

学生へのメッセージ

半導体製造と聞いて具体的にイメージ出来る人は多くないと思います。私もそうでした。実際に会社見学や説明会に参加していただいて、雰囲気を知ることで得るものがありますので、機会があれば是非参加してみてください。
半導体の需要は益々高まっています。世界から求められる半導体製品を一緒に作っていきましょう。

OTHER

その他インタビュー